バイクキャンプ バッグ

バイクキャンプ バッグ選定

バイク,キャンプ,バッグ

by c.j.b

 

バイクでキャンプをするためにはバッグが必要という事でバッグを考えてみましょう。
バイクにはバッグを取り付けられる部分が限られており、タンクバッグ、シートバッグ、サイドバッグですね。
ツーリングスタイルによって必要なバッグが決まってきます。

 

多くのツーリングライダーとお話しさせて頂いた結果、最終的にはキャリアを自作しホームセンターのボックスになるようですが、初心者には難しい。
お金に余裕のある人はショップに頼めばいいのですが、僕らには無理ですね

 

ということで三種類のバッグと用途について考えて見ましょう。

 

タンクバッグ 容量15リットル前後

ガソリンタンクの上に設置し日常的に使用するものを入れておきます。当然キャンプ地でしか使わないようなものは入れません。
地図とか細かいものですね。高速のチケットなど。
タンクバッグはキャンプなど関係なく使用している人も多いでしょう。一番最初に購入するバッグですね。

 

タンクバッグの記事を読む

 

サイドバッグ容量2つ合わせて30リットルから80リットル前後

シートバッグを安定させる役割もあり

 

タンクバッグの次に出し入れするバッグになります。
急な雨用にレインウエアを入れたり、キャンプ地で一番最初に使用するグラウンドシートやテントなどを収納できます。
サイドバッグ内の物だけでテント設営し、テント内で道具を揃えると汚れません。
ただ、バイクキャンプを長い期間ツーリングすると不整地(ダート)などを走ったときにバランスが狂うので嫌う人もいます。
私の場合で言えば、個人ツーリングでは持っていかず、友人とキャンプで楽しむために荷物が多いときはサイドバッグを利用しています。

 

サイドバッグの記事を読む

 

シートバッグ 容量40リットルから80リットル前後

 

キャンプツーリングのメインバッグになります。バイクに乗っているときは開けません。開けるのは面倒だし、ベルトが緩んだりするので基本的にキャンプ地だけで利用します。
容量は最大80ぐらいですが、くくりつけるベルトがあり、銀マッドやイスをくくりつけるので実際には100リットル以上になるのではないでしょうか?
一人で一週間ほどツーリングキャンプを楽しむときはタンクバッグとシートバッグを利用します。
バッグがたくさんあるとキャンプ地の度に取り外し、取り付けが大変だったりします。
なんにせよ着替えや食料などを入れてあるので一番大事なバッグになると思います。
慎重に選びましょう。

 

その他 ウエストバッグ ホルスターバッグ

財布やカメラ携帯など、バイクを降りるときに身に着けるものを入れます。
ウエストバッグはバイクに乗るときに後ろに回さないといけないので面倒ですがそれなりに入ります。
ホルスターバッグは容量が少ないですが、身に着けていることを忘れるぐらい良いです。

 

シートバッグの記事を読む


バイクキャンプ バッグ選定記事一覧

タンクバッグ

バイクキャンプに最適なタンクバッグを選ぶための基準を考えますタンクバッグの注意点防水なのか防水カバーつきなのか?固定方法は磁石なのか吸盤なのか?マップルなどの地図を見れるようになっているのか?この三つに注意しながらタンクバッグを選びましょう。容量については似たり寄ったりです。大きいと邪魔になります。...

≫続きを読む

 

シートバッグ

バイクキャンプで一番重要なバッグがシートバッグです。メインとなる道具を全て入れるので一番の悩み所ですよね?私はシートバッグのみでツーリングに行くこともあるので大きいサイズを利用しています。シートバッグの選び方サイドバッグを含めて大きさを考えましょう車体の大きさと釣り合いが取れているのか?小分けポケッ...

≫続きを読む

 

サイドバッグ

バイクキャンプツーリングに出かける為一番最後に考えるのがサイドバッグ。道具がシートバッグに入りきらなくなったら考えれば良いでしょう。私の場合、タープや二台目のストーブを持っていくときに装着しています。キャンプ地でも楽しみたいときはどうしても荷物が多くなるのでその時初めて考えればいいのです。サイドバッ...

≫続きを読む

 


バッテリー切れで不動車になってしまったバイクが6万で売れた!!

あなたのバイク調べてみる?

【体験】不動バイクを買取していただきました