バイクキャンプ サイドバッグ

バイクキャンプに最適なサイドバッグは?

バイクキャンプツーリングに出かける為一番最後に考えるのがサイドバッグ。
道具がシートバッグに入りきらなくなったら考えれば良いでしょう。
私の場合、タープや二台目のストーブを持っていくときに装着しています。
キャンプ地でも楽しみたいときはどうしても荷物が多くなるのでその時初めて考えればいいのです。

 

サイドバッグの選び方

 

マフラーに接触しませんか?
大容量だとバランス狂いませんか?
防水なのか防水カバーつきなのか?

 

一番大切なのはもちろんマフラーに接触しないかどうかです。大丈夫だろうと気楽に買って取り付けたまでは良いけど、車体を傾けたときに接触し溶けるなんてこともある。
ぶらぶらしているタイプもあるので注意が必要です。
揺れないタイプを選ぶにはバッグ下部とバイク本体のステップに繋げるセッティングベルトがあるタイプだと安心です。

 

以外に知られていないのがサイドバッグは外しません。理由は面倒くさいからです。
防水を選ぶのも一つの手ですが、サイドバッグにテントなどを入れ、キャンプ場では空っぽにしてレインカバーを掛けておくのが一番だと思います。
レインカバーが付いていないモデルも多いので注意が必要。

 

 

それでは私の持っているサイドバッグを紹介。

GOLDWIN(ゴールドウイン) スポーツシェイプサイドバッグ 24 容量約24L(12Lx2)ブラック GSM17005

容量 24L(12Lx2)
レインカバー なし
サイズ:16×42×22cm×2

13635円

主にシートバッグを安定させるために購入しました。容量が小さいので着替えやストーブ・食材を入れています。
小さいのでマフラーに接触することも無く安心です。

 

ラフ&ロード 最大72Lを誇る抜群の収納力 ロードサイドバッグ RR5632

容量 72L
防水 レインカバーもあり
サイズ:ノーマル時 W40×D17×H30cm/容量アップ時 W40×D24×H30cm

19300円

大容量バッグです。シートバッグと同じぐらい容量があるのでなんでも入ります。ただし、左右のバランスを考えて入れないと危険なので注意。
これがあればタープや炭など本格的なキャンプが楽しめます。
メインポケットは防水になっているので中身を入れたままでも安心。

 

サイドバッグの選び方ですが、シートバッグでバイクキャンプを楽しんだ後買ったほうが良いと思います。
中身が増えてからサイドバッグを付け足すのが実用的な選び方ですね。

 

ここからオススメです。
初めは大容量だと使い余すと思うので30Lぐらいから選ぶのがオススメです。

 

ラフ&ロード SHMサイドバッグ 軽いのに高いプロテクション性を実感できる高速ツアラーモデル ブラック RR9106

容量 32L
防水 レインカバーあり
サイズ:W40×D17×H32cm(最大高)

17009円

セミハードモールドシェルという形がしっかりしているもでるなのでマフラーに接触する心配もなく安心して使えます。
シートバッグが無くともテンとなどの荷物を固定することができるベルトが付属するのが良い。

 

ラフ&ロード RSLサイドバッグ バイクを選ばず、オールマイティーな使い回しが可能 ブラック RR9107

容量 22L
レインカバー なし
サイズ:W36×D13×H25cm

9450円

価格や使い勝手共に良さそうですがレインカバーが付属しません。濡れてもいいもの専用で利用するのもあり。初めて購入するにはいいと思います。

 

デグナー(DEGNER) スポーツダブルバッグ PVC(合成皮革)・ポリエステル 26x40x18~27cm(本体片側)x2 ブラック NB-76

容量 30~45L
レインカバーあり
サイズ:縦26x横40x高さ18~27(cm)

13650円

今一番人気の形で一押しサイドバッグです。バイクのシートの傾斜と同じ形でマフラーの事を良く考えられています。可変型で容量も十分。一押しです。

 

GIVI(ジビ) GIVI T479 サイドバッグ 72071

容量 29~39L
レインカバーあり
サイズ:縦280x横200~290x高さ500mm

15093円

ほぼ上記と同じですね。こちらは容量が少ないのですが使い勝手は変わらないと思われます。ショルダーバッグとしても利用したいならばこちらかな。

 

タナックス(TANAX) サイドバッグGT ブラック MFK-135

容量 23L-31L
レインカバーあり
サイズ:300(H)×490(W)×160(D)mm(最小時)

10305円

初めてサイドバッグを購入するにはぴったりの商品です。サイズもお値段も手ごろ。

 

 

 

 



バッテリー切れで不動車になってしまったバイクが6万で売れた!!

あなたのバイク調べてみる?

【体験】不動バイクを買取していただきました

サイドバッグ関連ページ

タンクバッグ
バイクキャンプに最適なバッグを選ぶ基準を説明します。
シートバッグ
バイクキャンプに最適なシートバッグを選ぶ基準を説明します。