バイクキャンプ 寝袋(シェラフ)とマット

バイクキャンプ 寝袋(シェラフ)とマットの選定

バイク,キャンプ,寝袋,マット

by Chris

 

バイクキャンプツーリングで一番に大切なこと、それは睡眠です。
睡眠の質を高めるためには寝袋(シェラフ)とマットが最重要なのです。
当然ですよね?

 

一日中走りまくって楽しんで、お風呂に入って快適な眠りに付こうかと思っているときに寝袋(シェラフ)とマットの選択が間違っていると目も当てられません。

 

季節、キャンプ地、標高が決まっているのであれば寝袋の選択で間違える部分は少ないと思います。
テントの次に大きな荷物になるので容量さえ気をつけていれば問題ないですね。
今は圧縮されてとても小さいサイズ(ソフトボールより少し大きい)のものもあります。
特にバイクキャンプツーリングを行う時期は暑くて寝袋(シェラフ)を全く使わないなんてこともしばしば。

 

寝袋(シェラフ)選びのポイント

 

収納サイズ
最低気温度
形状

 

素材によってとても大きくなってしまう寝袋(シェラフ)なので慎重に選びましょう。サイズ重視で購入して寒さで役に立たないなんて事の無いように........。
最低気温度が一番重要です。車ならば寝袋で失敗してもエアコンがあるのでかまわないでしょうけどバイクキャンプの場合死活問題です。十分に考えよう。
形状は簡単に言うと寝袋(シェラフ)の値段です。マミー型は高く封筒型は安い。

 

 

寝袋(シェラフ)も大切ですが特に重要なのがマットです。何故かって?
キャンプ地がごつごつした場所だったらどうするんですか?
芝生のキャンプ場が見つからなく、河原のキャンプ場だったらどうしますか?
小石だらけですよ?

 

だからマットは重要なのです。

 

マット選びのポイント

 

収納サイズ
エア注入式マットかどうか?

 

エア注入式マットであれば当然収納サイズは小さくなります。良く見かける銀マットなどの発泡マットは収納サイズが大きくなります。
重要なのは寝心地なのでエア注入式マットが良いですね。

 

最後に寝袋(シェラフ)とマットは二つで一つだと思ってください。二つセットで揃えないと役立ちません。

 

 

 

 


バイクキャンプ 寝袋(シェラフ)とマット記事一覧

寝袋(シェラフ)

バイクキャンプで必要な寝袋(シェラフ)を考えよう。寝袋を使用する場面を想像するとバイクツーリングなので夏、気温が低い場所もある北海道だとすると最低気温は4.5度の年もある。特に北海道だと道央はとても暑く、道東は寒いこともある。当然寝袋の出番は寒い場所なので寒い場所基準で考えましょう。また、春などであ...

≫続きを読む

 

寝袋(シェラフ)のマット

バイクキャンプで一番大切なのはマットです。寝袋も大事ですが暑い時期に寝袋は使用しない場合が多いのでマットの上で寝る事が多くあるので拘りましょう。最初は銀マットでも構いません。収納サイズが大きい事と、デコボコが激しいと安眠の妨げになります。いくつか候補はありますが、thermarest(サーマレスト)...

≫続きを読む

 


バッテリー切れで不動車になってしまったバイクが6万で売れた!!

あなたのバイク調べてみる?

【体験】不動バイクを買取していただきました