アウトドアで美味しいコーヒー

アウトドアで美味しいコーヒーを飲もう

アウトドアで飲むコーヒー 美味しいですよね。

 

何気なく飲んでいたインスタントコーヒーでも何倍も美味しく感じる

 

より美味しいコーヒーを求めて色々試した結果、ツーリングキャンプと近場のキャンプでは道具が違ってきます。

 

それを説明しましょう!

 

 

まず、一番美味しい組み合わせ

 

コーヒー豆+コーヒーミル+コーヒードリッパー+ペーパーフィルター+マグ

 

この組み合わせが一番美味しくコーヒーを飲めます。挽きたてが一番美味しいのは当然ですね。

 

私も友達と近場でキャンプする時はこの組み合わせです。

 

道具はこれです。

ハイマウント(HIGHMOUNT) ポーレックスセラミックコーヒーミル 46173

3780円

ユニフレーム(UNIFLAME) コーヒーバネットcute(キュート) 664025

1900円

ハリオ V60用ペーパーフィルター 01M 1-2杯用 100枚入り VCF-01-100M

353円

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 フォールディングハンドル MG-042FHR

1860円

スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ300ml用フタ MGC052

473円

 

 

 

 

 

一人でツーリングキャンプをする時

 

コーヒー豆(挽かれた状態)+繰り返し使えるコーヒー ドリッパー+マグ

 

この組み合わせです。

 

違いはコーヒー豆をその場で挽くかどうか、ドリップはどうするのか?ですね。
僕の中では香り以外に違いは無いと思います。

 

 

モンベル O.D.コンパクトドリッパー2 イエロー

1645円

ハリオ カフェオールドリッパー 1杯用 CFOD-1B

1404円

 

 

コーヒーミルを使わない理由は、早朝や夜遅くにコーヒーが飲みたいときにミルの音が非常に気になります。
けっこう音するんですよね(ゴリゴリ)と。
日中にコーヒーを飲むのであれば気にならないでしょうが、早朝は非常に気まずい。

 

コーヒードリッパーとペーパーフィルターを使わない理由は道具の省略がしたかっただけ。
これはどちらでもいいと思います。道具の数を少なくしたかったと言う事です。

 

ちなみに私は最初モンベルのドリッパーを使っていましたが、ハリオのドリッパーに変えました。
上下の上部分だけ持っていきます。

 

理由は、ハリオのドリッパーはプラスチックとステンレスで出来ているので乾きやすいから。
キャンプ地を変えながら移動していくツーリングには意外と重要なんですね。

 

それなら最初からバネットとペーパーフィルターでいいじゃんともなるわけです。

 

シチュエーションから組み合わせを考えるのは楽しいですね♪



バッテリー切れで不動車になってしまったバイクが6万で売れた!!

あなたのバイク調べてみる?

【体験】不動バイクを買取していただきました

アウトドアで美味しいコーヒー関連ページ

電池式ランタン
バイクキャンプでランタンがあると楽しみが違います。焚き火と同じくらい雰囲気がでます。間違えない電池式ランタン選びをしましょう。
ガス式ランタン
バイクキャンプでランタンがあると楽しみが違います。焚き火と同じくらい雰囲気がでます。ガス式ランタンの暖かい光がキャンプを一層たのしいものにしてくれます。
ヘッドランプ
キャンプで一番必要なのはヘッドランプです。バイクキャンプではコンパクトな物を選びましょう。