バイクから電源の取り方

バイクにシガーソケット(電源)を取り付けよう(取り付け編)

バイク,キャンプ,電源

 

 

バイクから電源を取り出す取り付けをします。
バイクから電源を取り出すキットの解説はコチラ

 

 

購入した電源キットは「ナンカイ 電源くん」です。

ナンカイ DC-1201 USBポート+シガーソケット 「電源くん」

4000円

 

 

 

 

使わない時はシート下に収納したかったので、簡単に取り外しが出来るようマルチクランプも購入しました。

南海(ナンカイ) マルチホルダー KANIシリーズ用 QRクランプW PB-01W

1880円

 

 

マイナス端子はバッテリーに直で付けます。

 

バイク,キャンプ,電源

 

 

問題はプラス端子です。バッテリーに直で繋ぐとバッテリーがすぐに上がってしまうのでNGですよ!
キーを回した時に電気が流れる場所「ヘッドライト」か「テールランプ」ですね。
シート下に収納することを考えてテールランプから繋ぐことにしました。

 

バイク,キャンプ,電源

 

テールタンプの茶色い配線に電源くんに分岐させ割りこませるだけです。
赤い分岐部品も電源くんに付属。

 

リレーだとかヒューズを使ったやり方のほうが安全でしょうが、大きな電気を使うわけではないのでこれだけで十分。
ただし、テールランプから分岐しているので電源くんがハンドルまで届きません。

 

ということでマルチクランプをフレームに取り付けて完成。

 

バイク,キャンプ,電源
バイク,キャンプ,電源

 

 

スマートフォンに接続してみます。
スマホのマウントは「RAMマウント」。

RAM MOUNTS(ラムマウント) Xグリップ+U字クランプセット(標準アーム) オートバイ バーハンドル用 RAM-B-149Z-UN7U

5460円

 

ちゃんと接続出来てますね^^
バイク,キャンプ,電源

 

5年以上利用していますが接触不良が一度きりで問題なく使えています。
やはり使用しない時にシート下へ仕舞っていると言う事が大きいと思います。

 

 

DCステーション」「電源くん」共にゴム口で防水になっていますがゴム部分を紛失します。
長距離や高速を走っているといつの間にか無くなってしまうので仕方がありません。ちなみにゴム部分だけは店舗に売ってます。

 

 

取り外し式の利点は雨の中走っていても電源くんをタンクバックの中で使える点ですね。




バッテリー切れで不動車になってしまったバイクが6万で売れた!!

あなたのバイク調べてみる?

【体験】不動バイクを買取していただきました